コンタクト

  • メールアドレス:
  • アドレス(URL): http://yoshiohotta.cocolog-nifty.com/blog/

自己紹介文


堀田佳男     ジャーナリスト


「組織には属さない」

 大学1年時、会社や団体に属さないで生きられないかと考えた。偉そうに聞こえるが、「組織で生きるのが下手」ということを10代の時に自覚したのである。

 だがすぐに、「組織には属さない」ライフスタイルを貫くことは実に大変なことだと気づいた。定額の給料が入らない不安。保険や年金はすべて自前。住宅手当てや扶養者手当てといったものもない。もちろんボーナスもない。それでも会社員というものには、どうしても抵抗があった。それは、組織という「和」の中にいる不安感だと思う。人と違うことをしていて初めて心が安らぐ心情なのだ。変わり者といっていい。

 ただ、就職をしないとなると、何かをしないといけなかった。20年前はまだフリーターという言葉も考え方もない。そうかといって絵画や音楽などの芸術方面で才能があるわけでもなく、プロスポーツ選手になれもしない。職人の世界に飛び込む勇気もない。ないないづくしである。ただ、学者にはなれるかもしれないという漠然とした思いがあった。

 そして考古学者になる夢を抱いた。中米のマヤ文明を研究する「マヤ勉強会」というサークルに入って、マヤ語の解読に燃えた。「将来は考古学者だ」と意気込み、大学2年の夏休みに卒業後のアメリカ留学の下見もかねて、アメリカ一周の貧乏旅行に出た。学究的にマヤ文明を追求するにはアメリカかメキシコの大学院に行くしかなかったからだ。ヒッチハイクとバスの旅だった。何十人という人に出会い、人々の生活に触れた。そしてイマという瞬間の大切さを学び、ロサンゼルスから成田空港への帰路、ある結論に達した。

「考古学なんてやってちゃいけない。イマという瞬間に生きよう。そのためには書くことを生業にするのが一番」

 ジャーナリストとしての出発点はここに始まっている。

早稲田大学文学部を卒業後、ワシントンDCにあるアメリカン大学大学院国際関係課程修了。卒業後、「組織には属さない」はずだったが、永住権を取得するため米情報調査会社に勤務。アメリカの日刊紙の日本語ダイジェストの執筆・編集に携わる。永住権取得後、1990年に会社を辞して独立。ジャーナリストとしてワシントンで政治、経済、社会問題など幅広い分野で執筆活動を行う。25年間の滞米生活後、07年春帰国。1957年東京生まれ。

旧HP: http://www.yoshiohotta.com