2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アメリカの分断 | トップページ | 文明の衝突 »

2007年4月 9日 (月)

都知事選と大統領選

現職石原に軍配が上がった。

横暴な物言いの石原対左翼崩れの浅野という二者択一の選挙だったが、戦いにならなかった。数週間前、少人数の勉強会に出席したとき、メンバーの衆議院議員が「浅野が圧勝する。賭けてもいい」と明言したが、大ハズレだった。

知事選は首相の選出方法とちがい、有権者の直接投票で決まるのでよくアメリカ大統領選と比較される。しかも東京は人口と予算規模から小国の大統領に等しい。

そうなると、わたしがライフワークとして追う大統領選の諸要因をみることでさまざまなことが見えてくる。大統領選とではカネの集まり方と選挙期間、さらにTV広告の自由さの3点で大きな違いはあるが、敗因は似てくる。それは経済である。

過去50年のアメリカ大統領選挙をみてもそうである。もちろん他の要素もあるが、好況にわく経済をバックにして、トップを引きずり降ろす国民はいない。ワシントンから東京にもどってまだ1カ月余だが、「景気は確実に上向いている」という話をいたるところで聞く。

石原がいくら公金を個人的に使途していても、既存メディアは糾弾しきれていない。しかも2月の完全失業率は4%で保たれ、町に失業者があふれているわけではない。企業業績も株価も上向きである。東京の町から火が消えたような状態であったなら浅野に軍配が上がったかもしれない。だが、そうではなかった。

さらに浅野には政治家としてのカリスマ性が無さすぎた。それは選挙直前に出版された浅野の単行本の売れ行きの悪さにも表れていた。出版担当者は「売れてない」とはっきりと言った。

大統領選の黒人候補オバマの自伝はベストセラーである。大きな違いだ。石原の再選はすでにはるか前から決まっていたのである。(敬称略)

« アメリカの分断 | トップページ | 文明の衝突 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/344778/6029101

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選と大統領選:

» 強烈!!「きっこ」ブログ 石原都知事側「事実無根」と激怒 [話題の仰天エンタメ情報]
石原事務所、「きっこのブログ」に激怒 都知事選が戦われている最中、2007年3月28日付の「きっこのブログ」に、石原裕次郎氏の結婚問題に絡んで、石原慎太郎都知事をコキ下ろす内容が掲載された。石原都知事の選挙事務所では、「事実無根だ!選挙が終わってからまとめてヤル」と激怒している。筆者のきっこさんは同じブログのなかで、「あたしは浅野史郎さんが大好きだ!」と公言している。 「石原の家系が在日の血でけがされちゃかなわん」 3�... [続きを読む]

» 石原慎太郎氏が東京都知事選圧勝した! []
石原慎太郎氏が東京都知事選を圧勝した。下馬評どおりの結果を得て他の候補の弁 [続きを読む]

» きっこが最高裁に逆らうなとさ [右派社民党公式ブログ]
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/04/post_361b.html法的拘束力があるのは判決だけだという法治国家の根本原則を知らずにえらそうに語ってるらしい [続きを読む]

» 石原都知事は対米従属ではない [右派社民党公式ブログ]
石原都知事 7月参院選で大勝負 (ゲンダイネット) 石原慎太郎東京都知事(74)が、7月の参院選に打って出る――。こんなウワサが永田町を駆けめぐっている。盟友・亀井静香氏が代表代行を務める国民新党と連携し、2ケタの議席を確保。2大政党に割って入り、キャスチングボートを握ろうという計画だ。↑本当なら大歓迎な話だ石原都知事は既に対米従属の連中とは袂を絶っている国民新党と連携してキャスティングボードを握っていずれは真の保守政党として政権与党に君臨してくれれば日本の為になる... [続きを読む]

« アメリカの分断 | トップページ | 文明の衝突 »